トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の12件の投稿

2010年1月31日 (日)

放送大学単位認定試験終了

今日で、単位認定試験が終わった。17:00過ぎに最後の答案を提出した後、少し買い物をし、ひとり、酒を飲んで帰ってきた。

今回試験を受けた科目は以下のとおり。

1/24(日)
ヨーロッパ政治史('05)
現代日本の政治('07)

1/27(水) 年休
著作権法概論('06)

1/30(土)
社会福祉入門('08)
国際経営('09)
都市と防災('08)

1/31(日)
労働経済('08)

いずれも、合格ラインの60点にギリギリ届いているかどうか、という出来具合だった。わりと難易度の低かった都市と防災('08)あたりでも70点台だろう。

もしもこれで5科目くらい受かっていれば、これからもこのくらいの勝率を目指していくことにしたい。できるだけ学習コストをかけずに単位を取得するようにしなければ、資格オタとしての勉強時間を捻出できないからだ。今回はむしろ一部の科目に勉強時間を割きすぎた感がある。

極力、単位認定試験が選択式の科目を受講し、学期中間の課題提出時に1.5時間、試験前に3時間、計4.5時間を学習時間の基準とする。2010年度は50単位取得が目標なので、各学期の受講数は15科目(30単位分)となる。学期中間に22.5時間、試験前に45時間を費やし、勝率8割を目指したい。

今月はだいぶサボったし、まだまだ余力があった。来年度は今月の3倍、去年までの7倍がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

あいあい通信・元気人に資格マニア登場

社会福祉法人 立川市社会福祉協議会 (たちかわ社協) の発行する季刊情報誌「あいあい通信」10春号 (2010.2.1) Vol.91 が自宅のポストに投函されていたのでパラパラめくっていたら、毎号際立った活動をしている市民を紹介している「元気人」コーナーに、どうみても「資格マニア」の方が紹介されていた。

立川市曙町に在住の橋本登さん。

「2年前に退職し、行政書士事務所を開いて、遺産問題や成年後見制度に関わって」いるそうだ。そのかたわら、「ホームヘルパー2級」「障害者ヘルパー2級」「山岳アドバイザー」「上級救命技能者」「応急手当普及員認定者」「華道」「茶道」、そしてなんと、「お坊さんの資格」まで持っているそうだ。

正確な資格名がわからないもの、本当にそれが資格なのかと思える名称もないではないが、そこは資格のことをよく知らない記者の力量不足によるものと思われるので、気にしないようにしたい。カウントの仕方はともかくとして、「少なく見積もっても40以上の資格をお持ちらしい」というから、立派な資格マニアと呼んでさしつかえないだろう。

ほかにも、「介護タクシー」「仲人連盟」「立川市食器再利用推進協議会」「中国帰国者支援交流センター立川支部長」など、いろいろな顔を持っているとのこと。

いずれ「あいあい通信」のウェブサイトにもバックナンバーが掲載されると思うので、フルネームで紹介してみた。

2chを見ていると、行政書士の資格は「士業」の中ではエントリーレベルのようだが、AIBTNからみたらはるか雲の上の存在。なんとかしてそこまで辿り着きたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

放送大学単位認定試験初日

まず、大変残念なお知らせをしなければならない。AIBTNは試験前日である昨日、結局1ページも勉強することができなかった。

朝はいつも通り5:45の携帯アラームで目を覚ました。土曜日なので布団に入ったまま、眠くて霞んだ目でとりあえずニコニコ動画を見て、その後もう少し寝る。次に目が覚めたのは8:00過ぎ。とりあえず2chを見て、またウトウト。9:00過ぎにまた起きてニコニコ動画を見ていると、面白そうな動画があったのでPart1~Part4まで見る。続けていろいろ見ていると、結局昼近くになってしまったので、布団に入りっぱなしでスナック菓子を食べつつ、他のブログ更新。夕方からは2chの特定スレのまとめWikiを見始めてしまい、日が暮れる。

とりあえずヨーロッパ政治史はノート持ち込みが許可されていて、ここでいうノートは紙媒体であれば印刷したものでもよいそうなので、せっかくWikiでまとめた内容を印刷していきたい。しかし、プリンタはインク切れなので、近所の量販店にGo!

帰りにラーメンを食べて家に帰るが、勉強をするわけでも、インクカートリッジをセットするわけでもなく、ひたずら2chまとめWikiを読みふける。23:00過ぎ、ノートPCを立ち上げたまま寝落ち。

今朝も当然自宅では勉強などできるはずがなく、7:00ごろからだらだらと昨日の続きをして、9:30過ぎに家を出てとりあえず試験だけは受けることができた。

ひどいものだ。資格オタになる上で、サイバーホリックは最大の敵かもしれない。

今日はヨーロッパ政治史 (記述式、印刷教材・ノート持込み可)と現代日本の政治 (記述式、持込み不可) の2科目を受験した。どちらも400字以内で答える問題が2問出題された。

ヨーロッパ政治史は、印刷教材の内容から適当に文を拾ってきてつなぎ合わせた。印刷教材には通算3回目を通し、放送教材も倍速で全部聴き、線も引いてあったので、特にノートがなくても問題なく回答することができた。やはり苦手な記述式ということで、2問中1問は時間が足りずに字数が若干埋まらなかったが、まあ部分点はもらえるのではないか。

現代日本の政治は印刷教材を2回読んだだけだったが、試験ではそう難しいことは問われなかった。心配したような、単語や年代を覚えていなければ答えられない内容ではなかった。ただ、難しくはないのだが、印刷教材の内容はうろ覚えでしかなく、結構でたらめを書いた気がする。特に2問中1問はこれまた時間が足りず、「400字以内」のところを250字しか埋められなかった。一般的にはどのくらいまでが許容範囲なのだろうか。

とにもかくにも、一番の難関は過ぎ去った。残りの試験は全部選択式だ。

今週は、平日に年休を取って1科目受験する。土曜日に3科目、日曜日に1科目。先々週の月曜日から先週の火曜日まではぶっ続けで勉強したが、水曜日と木曜日は職場の子と一緒に帰ったので勉強する気が失せてしまい、金曜日は職場の飲み会で勉強できなかった。そして土曜日は冒頭に述べたとおりだ。今週は再び気を引き締めて、残り5科目に備えたい。

それが終わったら、来月は放送大学の来学期の科目申請を出して、数学と英語の勉強をして、月末には貸金業務取扱主任者資格試験を受ける。仕事も忙しくなる。でもまあ、どんなに予定を詰め込んでいても、自分の性格上きっと逃避する日が出てくるから、燃え尽きないかといった心配はあまりしなくていいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

資格・スキルランキングほか

本当は今ごろ放送大学単位認定試験の勉強をしているはずなのだけど、ついつい現実逃避ということで本屋に寄ってしまった。

買ったのは以下の3冊。

日経キャリアマガジン 2010年vol.1 資格・スキルランキング (日経ムック)

これを読まずして、資格オタと名乗るなかれ。どの資格から取ろうかと迷っているAIBTNみたいな資格オタ入門者にとっては、モチベーションを限りなく上げてくれる一冊だ。まだ5ページくらいしか読み進めていないが、見ているだけで夢が広がる。

知的生産の技術 (岩波新書)

タイトルだけは耳にしたことがあるのでたぶん超有名な本。AIBTNの親会社に勤めてる人が出した新書の中で、下の「論文の書き方」と共に紹介されていた。

論文の書き方 (岩波新書)

自分を磨く、頭を鍛える、「知的な力」を身につける、そのためのトレーニングとして、「知的生産の技術」、「論文の書き方」、そして今日は買わなかったが「意思決定入門」の3冊がその人には役立ったそうなので、とりあえず買い込んで部屋の中に積んでおく。

さて、残り一時間、勉強をしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放送大学単位認定試験1週間前

この一週間、ずいぶんと勉強した気がする。

祝日などおかまいなしに出勤だった月曜日から金曜日まで、通勤時間を含めて一日2~3時間は印刷教材を読んでいた。

しかし、それだけ時間をかけた意義があったかどうかははなはだ疑問だ。なにしろ、読んだだけで、線も引かなければノートも取っていない。どんなに時間をかけても何も覚えていないのでは、単なる自己満足でしかない。

そこで、週末は戦術を変えてみた。

まずは、放送授業の音声を2倍速で聴きながら印刷教材に線を引く。そして1章終わるごとにノートにまとめる。

最初は手書きノートに挑戦してみたが、後から解読できる自信がないので、電子的に残すことにした。ツールの選択に悩んだ末、「一夜漬け@wiki」というWikiをつくった。トップページは公開しているが、ノートの中身は著作権の問題などがありそうなので非公開だ。

土日の二日間16時間くらい視聴 & 作業して (休み休みだったので実質12時間くらいか)、ようやく一科目分をまとめることができた。少なくとももう一科目分、この作業を繰り返すつもりだ。

なるべくコストがかからない方法で単位を修得するつもりだったのに、試験形態が論述ということにびびってしまったせいで、かなりの時間を費やしてしまっている。これで受からなかったらどうしようもない。本番の試験がどういう設問か予想も付かないし。

まあ、何も勉強しないよりはましか。それにしても疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

情報処理技術者試験22年春期申し込み

社内でアナウンスされたので、さっそく情報処理技術者試験を申し込んだ。

次受けるのはデータベーススペシャリスト試験。

参考書は、去年エンベデッドスペシャリスト試験とネットワークスペシャリスト試験でお世話になった精選予想シリーズ一本でいいとして、午後問題対策本は3月までに書店で見比べて決めたい。データベースは趣味でMySQLをいじったことがあるくらいで、実務では全く触っていないので、ある程度きちんと勉強する必要がありそうだ。

今年の春はデータベーススペシャリスト試験、秋は情報セキュリティスペシャリスト試験を取れば、「スペシャリスト」系はコンプリートできる。このレベルなら一ヶ月前から延べ20~30時間くらい勉強すればなんとかなりそうな気がする。

問題は来年以降。スペシャリスト系までは、午前は多岐選択式、午後は記述式だったが、さらに上級の試験になると午後IIで論述式が出てくる。自分の苦手分野だ。

この正月に、このブログを含め、いくつかブログを立ち上げた。たくさんINPUTして、たくさんOUTPUTしていくことで、論述トレーニングの一環としたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

資格ブックマーク20100112

 シカクロード別館資格ニュース20100112より。


 
情報系の大学生ということで、一定の基礎はできていたようだが、書いてあること自体はうなずける内容だった。AIBTNも高度試験を受ける上で実践している。
 
・午前対策をしっかり。「とにかく問題から手をつける」
 ⇒個人的には精選予想シリーズがイチオシ。これを3周すれば得点9割は堅い。
・午後は国語の問題。「大切なのは諦めない心」
 ⇒午後問題は実務をやっていれば勉強しなくても解ける。
・十分睡眠、リラックス。
 ⇒前日は試験場近くのホテルに泊まり、夕方数時間勉強してから美味しいものを食べて、夜数時間勉強してからゆっくり湯船に浸かってふかふかのベッドで8時間睡眠。去年は春も秋もそんな感じで合格した。多少贅沢をしても、会社からの報奨金で十分まかなえるからね。


 
これは便利。カテゴリ別に申し込み期間と受験日がまとまっている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

放送大学単位認定試験の勉強開始

今日、仕事から帰ってきたら放送大学単位認定試験(2009年度2学期)の受験票が届いていた。

再試験3科目を含め、9科目受けられるらしい。

1/24(日)に2科目、1/26(火)に2科目(1学期の再試験)、1/27(水)に1科目(1学期の再試験)、1/30(土)に3科目、1/31(日)に1科目。

このうち、1/24(日)の2科目は記述式で、それ以外はすべて択一式だ。「記述」とか「論述」といった言葉を聴くと怖気が立つ体質なので、一番の難関は自動的に1/24(日)に受ける2科目に決まった。

とりあえず今日はうち1科目「A」の印刷教材を15章中7章まで通読してみたが、あまり頭に入らない。どうやって勉強していけばいいのか、よく分かっていない。とりあえず、何もしないよりはましだろうということで、教科書を読んでおく。「A」のほうは教科書・ノート持込みOKなのでまだマシだが、「B」に至っては持込み一切不可で記述式ときた。単語や年号の暗記はAIBTNには無理そうだ。「B」は捨てて他の科目の勉強時間を増やそうか?

やっぱり平日に年休を取って試験を受けるのがいいと思う。1日だけ休むなら、普通に考えたら科目数の多い1/26(火)がいいのだけど、1/27(水)のほうが得意分野なので確実性は高いはずだ。本当は2日休みたいが、そんなことをする度胸はさすがにない。

ああ悩ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

放送大学単位認定試験(2009年度2学期)

放送大学2学期の単位認定試験が月末に迫っている。

今回受けるのは6科目。2学期に通信指導問題を提出した科目だ。とりあえず通信指導問題については、マークシート問題だけで済む科目しか提出していない。もちろん、放送授業は聴かずに印刷教材をパラパラめくりながらその場しのぎでマークしていっただけだ。とりあえず、提出できたぶんについてはすべて通過しているが、こんなものでは内容をまったく理解できないので、本番の試験には通用しないだろう。

単位認定試験の日程は、1/24(日)~1/31(日)のうち1/25(月)を除く7日間だ。平日に仕事があるサラリーマンは、このうち土日に試験がある科目だけを選んで科目登録をするわけだ。本来は今学期不合格でも次学期再試験のチャンスがあるのだが、学期によって各科目の試験日程が変わるので、今学期落とした科目は次学期には試験日が平日になってしまう。事実上、チャンスは一回のみということになる。

今回の試験日程は、1/24(日)に2科目, 1/30(土)に3科目, 1/31(日)に1科目となった。合計6科目、12単位分である。もともと各日3科目ずつの予定だったが、9科目中3科目は通信指導問題が記述式だったので時間的制約から提出できず、受験不可となっている。

とりあえず、1/24(日)に受ける科目をAとB, 1/30(土)に受ける科目をCとDとE、1/31(日)に受ける科目をFとした場合、試験勉強の日程はこんな感じか。

・1/11(月)~1/15(金): 通勤中にAとBとCの印刷教材を読む。
・1/16(土)~1/17(日): AとBとCの試験対策をする。
・1/18(月)~1/22(金): 通勤中にDとEの印刷教材を読む。
・1/23(土): DとEの試験対策をする。
・1/24(日): 午前中にAとBの最後の追い込み、午後試験。
・1/25(月)~1/29(金): 通勤中にFの印刷教材を読む。Fの試験対策をする。
・1/30(土): 午前中と合間合間にCとDとE最後の追い込み、昼前から夕方にかけて試験。
・1/31(日): 午前中にF最後の追い込み、夕方試験。

実はもう1科目、受験できる科目がある。1学期に通信指導問題を提出したものの、受験できなかった科目だ。1学期は、7/26(日), 8/1(土), 8/2(日)の3日間のうち、結局最終日の午後からしか試験会場に出向けなかった。忙しかったわけではなく、単にめんどくさかっただけだ。ああダメ人間。

この1科目は、先に述べた理由で、今回の試験日は平日になってしまった。サラリーマンとしては受けることは不可能なのだが、今ちょっと迷っている。わりと得意な科目なので、ちょっと勉強すればたぶん受かりそうなのだ。たった2単位、されど2単位。たった1万円、されど1万円である。この2単位、あるいは1万円に、後で泣くことになるかもしれない。そう考えると、年休を取ってでも試験を受けたほうがいいようにも思えてくる。

年休を申請するなら今週中に決めたほうがいい。とりあえず通勤中に印刷教材を読むところから始めて様子を見つつ、年休申請について考えたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

英会話学習サイト

1/6から仕事なのに生活リズムが狂っている。眠れなくて2chの資格全般板を見ていたら、よさげな英会話学習サイトが紹介されていたのでメモ。

30代職歴なしから就職できる資格 Part40

ittm's tumbler

グーグルで働いてるけど何か質問ある?

32 :VIPがお送りします:2010/01/02(土) 01:43:46.07 ID:+GKl2Z6b0
英語はどうやって話せるようになった? 

レアジョブsmart.fm 最強。
自称、日本のグーグルで働いている人の書き込みらしい。どんなサービスなのか調べてみた。

レアジョブ
 日経に若い社長の顔が載っていたのを記憶している。
 フィリピン現地の優秀な学生と格安でマンツーマンの英会話ができるらしい。
 フィリピーナの英語には独特の訛りがあるらしいけど、大丈夫なのかな?
 
Smart.fm
 初めて見たが、無料でオンライン語学学習できるサイトらしい。
 ツールやコンテンツが豊富っぽい。

語学学習つながりで、去年ITmediaでインタビューを受けていた人のサイトを思い出した。

Lang-8 (ランゲート)
 日記を書くとネイティブ・スピーカーに添削してもらえるSNSサイト。
 もちろん自分が外国人学習者による日本語の日記を添削してあげることもできる。
 でも当然英語は競争率高いんだろうなあ。

 
なかでも効果が実感できたのは、「ソニー式英会話 英語は3秒で話せ!」に合わせて話すことと、ビートルズサイモン&ガーファンクルの歌を英語で歌えるまで練習することと、仕事で英語メールをやり取りすることだった。これらすべてを組み合わせてやっていたころはTOEICの点数がグングン上がった。(といっても最高550点だけど)
 
2月から英語学習を始めるので、それまでに学習方法を決めておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

今年の目標 (2010年)

今年受けることがほぼ確定している試験をまとめてみた。

放送大学単位認定試験 (1月末) ⇒1月中は通勤時間に教科書を読む。
貸金業務取扱主任者資格試験 (2/28) ⇒2月になってから勉強する。
乙種危険物取扱者試験4類 (3/14) ⇒1/15-26申込。2月後半から勉強する。
データベーススペシャリスト試験 (4月中旬) ⇒3月から勉強する。
日商簿記3級・2級 (6/13) ⇒4月初旬申込。4月後半から勉強する。
放送大学単位認定試験 (7月末) ⇒7月いっぱい勉強する。
TOEIC (9/12) ⇒模試としての位置づけ。7/5-8/3申込。2月から勉強する。
情報セキュリティスペシャリスト試験 (10月中旬) ⇒9月から勉強する。
TOEIC (11/28) ⇒本番。目標650点。10/4-10/19申込。

放送大学と高度情報処理技術者試験が本命。それに加えて今年は2月から10ヶ月かけて英語の勉強をして、TOEIC 650点を目指したい。まあ、最高550点で去年450点の英語力では無謀もいいところだけど。

残りの試験はそんなに大事ではない。仕事とも関係ないし、あくまで資格オタとしての第一歩だ。

ついでに、将来的に受けてみたい試験も順不同で並べてみた。

システム監査技術者試験 (高度情報処理技術者試験)
ITサービスマネージャ試験 (高度情報処理技術者試験)
プロジェクトマネージャ試験 (高度情報処理技術者試験)
システムアーキテクト試験 (高度情報処理技術者試験)
ITストラテジスト試験 (高度情報処理技術者試験)
乙種危険物取扱者 4類 & 3類 & 5類 & 1or6類 ⇒甲種へ
 
司法試験とかは逆立ちしても無理だと思うけど、ここに挙げたものであればコツコツと積み重ねていけば自分でもなんとかなりそうな気がする。

受けたい分野は法律・会計系と情報・電気系に二分されるが、特に電気系は数学が重要だ。高校2年でつまづいて微積分もまともにできないAIBTNとしてはつらいところだが、やっぱり数学をものにしないと仕事でも困る (現に困ってる) し、何より取れる資格の範囲が狭まってしまうのが資格オタとしては痛い。

2年後には数学を必要とする資格を取れるように今年から頑張りたい。

放送大学、高度情報処理技術者試験、英語、数学、法律・会計系試験。どうせやろうと思ったことの半分もやり遂げられないダメ人間だから、両手に一杯やるべきことを抱えておけばどれかはうまくいくだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

資格オタ元年!

はじめまして。AIBTNです。

AIBTNは「あいぼたん」とでも読んでもらえればと思う。「何もしないよりはまし」「ないよりはあったほうがいいかも」的な言い回しを探していて見つけた諺の頭文字語だ。
Anything is better than nothing.
何もないよりはまし。≒枯れ木も山の賑わい。

自堕落な生活を送っているくらいなら何でもいいから勉強しとこう、という考えである。一方で、別にそんなに必死になってやってるわけじゃないしー、他にやることがあれば特にこだわりないしー、みたいな逃げ道を用意しているとも言えなくもない。

“なんちゃって”放送大学生を始めて5年になる。うち2年間は仕事が忙しくて休学していたから、在学学期数は延べ3年6学期だ。在学できるのは最長10年間なので、残りの在学可能学期数は7年14学期となる。現時点で最低でも1/3の単位を取得できていないと10年で卒業できない計算になるのだが、卒業に必要な124単位のうち、未定の今学期を除いて合計29単位しか取れていない。今学期分を含めてもまだ1/4の単位しか取れていない。このままではとうてい卒業できそうにない状態だ。

別にどうしても卒業したいわけじゃないしー、でもせっかくこれまで時間と金をつぎこんできたんだからどうせなら卒業できればいいかなー、という揺れ動く思いの中、2学期からは大幅に履修科目数を増やしてみたが、レポート未提出ですでに半分は落としている。

別に時間が足りないわけではない。家にいると雑誌を読んだりニコ動を見たりしてしまって勉強できないだけで、要するにダメ人間なのが原因だ。

そんなAIBTNだが、去年は2つ資格を取ることができた。春に「エンベデッドシステムスペシャリスト試験」、秋に「ネットワークスペシャリスト試験」と、どちらも高度情報処理技術者試験に分類される国家資格だ。試験に受かったから具体的に何ができるというわけでもないが、会社から報奨金が出るのはありがたかった。

というわけで、今年もおもに報奨金目当てで他の情報処理技術者試験を受けるつもりなのだが、同時に、無為に過ごすことを防ぐためにも、個人でお値ごろに取れそうな資格を片っぱしから取っていきたい。

中長期的には放送大学卒業を目指しつつ、短期的な目標として各種の資格を取っていくことで少しでも頭を鍛えていこうと思っている。

目指せ、資格オタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2010年2月 »