« TOEIC第153回公開テスト受験票到着 | トップページ | 放送大学科目登録決定通知(2010年度1学期) »

2010年3月 6日 (土)

皆様の税金のおかげです

今日は午前中は歯科医院に行き、午後はヘアサロンに行って帰りに買い物をする予定だった。ところが、歯科医院に着いてから行きつけのヘアサロンに電話を入れたところ、今日は予約が一杯で、明日なら空いているという。昼以降、予期していなかった空白時間が生じてしまった。

幸い、カバンの中に勉強道具は詰めていたので、今日の午後は情報処理技術者試験の勉強をすることにした。

問題は、どこで勉強するか、である。

布団とノートPCが手招きしている自宅では、長時間勉強できないのはわかりきっている。会社帰りに勉強するときにはカフェを利用しているが、あまり長居するのは歓迎されないし、音楽や会話が溢れていてあまり落ち着ける環境ではない。近隣の図書館では、外から資料を持ち込んで勉強の場として利用することが許されていない。昔は六本木アカデミーヒルズのライブラリーで勉強したこともあったが、なにぶん料金が高すぎる。ネット上の情報によると予備校の自習室に潜り込んで勉強するやり方もあるようだが、あまりみっともない振る舞いはしたくない。

と、ここまで考えて、単純明快な解決策を思いついた。

「放送大学があるじゃん」

考えてみれば、放送大学の施設を自習の場として活用したことは入学以来ほとんどない。図書館にも3~4回入ったことがあるくらいか。何十万円も払っているのに、施設を活用しないのはもったいない。

という経緯で、今日の午後は最寄りの放送大学学習センターに行って勉強してきた。

放送大学の学習施設は、実にすばらしかった。カフェと違って長居しても文句は言われないし、静かだ。一般の図書館と違って子供や若者の声もしない。そして、特に新学期が始まる前の今の時期だからだろうが、人も少ない。4人分くらいのスペースを広々と使える。所属している学習センターは老朽化していて空調の音がうるさいが、今日行った学習センターは建物が新しくてトイレも綺麗だ。

こんな施設を活用できるのだから、放送大学というのはすばらしい。民間の営利団体がこういう施設を運営していたら、いったい幾ら取られるのだろう。

放送大学学園の収入の半分は国からの補助金である。(財務諸表) 自分が払っている税金を、こういう形で取り返しているという考え方もできよう。当面の間は、天下りの役員や高給取りの職員と一緒になって、うまい汁のおこぼれにあずかりたいものだ。

去年は「事業仕分け」なるものがあって、放送大学も危うく対象になるところだったが、事業仕分け人に石弘光・放送大学学長(元政府税調会長)が就いたおかげで対象から外された──。嘘か誠か、そんなことを昨年の面接授業で講師が話していた。

いずれにせよ、スキャンダルを露呈させたり、税金投入に対する世間の批判を浴びたりすることなく、ひっそりこっそりと現状を維持してほしい。

今日はとりあえず3時間勉強してきた。明日は午前中3時間勉強して、その足でヘアサロンに向かう予定だ。

|

« TOEIC第153回公開テスト受験票到着 | トップページ | 放送大学科目登録決定通知(2010年度1学期) »

放送大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆様の税金のおかげです:

« TOEIC第153回公開テスト受験票到着 | トップページ | 放送大学科目登録決定通知(2010年度1学期) »