« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の5件の投稿

2010年8月23日 (月)

正誤表は意外と大切だった

このところ、行政書士試験の学習に取り組んでいる。
 
全体の半分くらいは通勤時に勉強しようと思っていたが、なかなかうまくいかない。先月は残業続きだったので帰りの電車で座ってうつらうつらしながらも放送大学単位認定試験の勉強をすることができたのだが、最近は毎日定時帰りなので下手すると1時間半立ちっぱなし状態だ。重たい教科書は片手に持てないので、もっぱら文庫本や新書を読んで時間をつぶすことになる。
 
末木紳也の資格日記」でも最近テーマとなっているように、やはりコマギレ時間ばかりではなくまとまった勉強時間が必要だ。(シカクロード別館資格ニュース20100811より)
 
というわけで、どうせ土日はやることもないので、昼すぎから放送大学の図書館に行き、LECの「2010年版出る順行政書士シリーズ 合格基本書」を100ページほど通読してきた。
 
しかしこの本、誤記がちらほら見受けられて、いまいち信用できないところがある。
 
たとえば、P127にはこんな記述がある。
第96条【詐欺又は脅迫】
3 前2項による詐欺による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗することができる。
 
詐欺による意思表示は……善意の第三者に対抗できないとしています(同条3項)。
言ってることがまるっきり逆じゃないか!(条文の転記誤り)
 
さらに、P268の記述。
賃貸人の承諾を得て、賃借権の譲渡が適法に行われると、旧賃借人は賃貸借関係から離脱します。
 
※ 賃貸人が有益費を支出後、賃貸人が交替した場合は、賃借人は旧賃貸人に有益費の償還を請求できません(最判昭46.2.19)
賃貸人と賃借人がごちゃごちゃになっているんじゃないか?(脚注の誤記)
 
まあこんな具合にその場でおかしいと気がつけるぶんにはまだいいのだが、知らぬ間に逆のことを覚え込まされていたらと思うと怖い。
 
ブログを書くにあたり、正誤表はないのかと調べていたら、LECのウェブサイトで「2010年 出る順シリーズ訂正箇所」が公開されているのを見つけた。PDFを確認したところ、上記の2点も訂正されていた。それだけでなく、気づいていなかった誤記も多数あった。なるほど、事前に正誤表を確認すべしということか。法律系の参考書の場合は、誤記誤植だけでなく法改正により内容が変わることもあり得るので、特に注意する必要がありそうだ。
 
今まで正誤表なんて気にしたこともなかったが、時間の節約のためには先に確認すべきということで、ひとつ勉強になった。まあ、分かりやすい間違いならWikipediaとかGoogleとかで調べるからかえって身に付きそうだけどね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

卒業研究は無理!? よろしい、ならば大学院だ

放送大学の学習センターに行って、「平成23年度卒業研究履修の手引」をゲットしてきた。
 
窓口で「卒業研究の資料をいただきたいんですが・・・」と尋ねたところ、「今年はもう締め切りましたのであくまで参考用ということになりますが、よろしいですか?」と返されたので、内心動揺しつつも「あ、はい」と答えて冊子を受け取ってきた。今年の申請期間は7/30~8/13で、申請のチャンスは年1回ときた。
 
なーんだ、と思いつつパラパラめくってみると、卒業研究の履修前年度の第1学期開始時に、2年以上在籍かつ62単位以上修得の条件を満たしている必要があるようだ。それなら、今年の第1学期開始時には47単位しか取れておらず、しかも来年の卒業をめざしているわけだから、はなから「卒業研究」履修は無理だったというわけだ。
 
ちぇっ、つまんないの。来年度は受講科目数をできるだけ減らして「卒業研究」に時間を割き、年度末での卒業をめざそうと皮算用していたが、「卒業研究」がないなら別に1学期で卒業してしまうこともできそうだ。
 
放送大学を卒業した後はどうしようか。ブログを始めた今年1月時点では、「別にどうしても卒業したいわけじゃないしー、でもせっかくこれまで時間と金をつぎこんできたんだからどうせなら卒業できればいいかなー」程度のことしか考えていなかったが、「生涯学習の部屋」をはじめとする他の方々のブログを見ているうちに、大学院に行ってみたいという気持ちが強くなってきた。
 
とはいえ、大学院でいったい何を研究したいのかと問われても、今の自分には何も答えられない。大学なら受動的に知識を取り入れて単位修得していれば学士号はもらえてしまう。大学院ではそんな甘い考えは通用しないだろう。
 
再来年から大学院に進学するなら、通信制にしろ夜間制にしろ、今の時期から目星を付けておく必要がある。
 
大学院で何をしたいのか? どの学問分野がよいか? どこの大学院にするか? 入試対策は? 学費の工面は? 仕事との両立は? 2年やそこらでの修了が自分に可能なのか? 進学・修了のメリット・デメリットは? そもそも進学の動機は「現実逃避」ではないのか?
 
いろいろと考えなければいけないことは多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

放送大学科目登録申請(2010年度2学期)

本日8/19(木)0:00、放送大学のオンライン教務情報システムWAKABAで、1学期の成績照会が可能となった。
 
さっそく確認してみたところ、先学期同様、単位認定試験はすべて合格していた。今回は13科目受験というハードなスケジュールだったが、レポートをきちんと出して、教科書をひととおり読んで、試験会場に辿り着きさえすれば、なんとかなるらしい。いちばんの鬼門はレポートだったりする。
 
というわけで、成績が確認できたので、2学期の科目登録申請を行いたい。
 
10年2学期の履修科目は以下のとおり。
 
AIBTNの 放送大学 2010年2学期 単位認定試験スケジュール(表)
 
修得単位数の詳細は以下のとおり。

AIBTNの 放送大学 2010年2学期 修得単位数(目標)(表)
 
年度始めの時点では、卒業要件124単位中、修得済単位数が47単位で不足単位数が77単位だった。そこから今学期30単位を積み増した結果、修得済単位数が77単位で不足単位数が47単位になったので、ちょうど逆転したかっこうとなる。いよいよ来年度での卒業が現実味を帯びてきた。
 
来年はもし可能であれば「卒業研究」をやってみたい。また、放送大学には「科目群履修認証制度 (放送大学エキスパート)」という制度があって、指定の科目群を履修すると、特定分野の学習を体系的に行ったことを示す証明書を発行してもらえるので、幾つか取得をめざしてみたい。「ものづくりMOTプラン」「社会数学プラン」「エネルギー・環境研究プラン」「工学基礎プラン」あたりは科目の選び方を間違えなければ取れそうな気がする。
 
なにはともあれ、学費20万円弱をいろんな口座からかき集めなければ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

平成22年度行政書士試験申込み!

行政書士試験のインターネット申込みを済ませた。

試験期日は11/14(日)で、インターネット申込みは8/31(火)17:00までとなっている。

財団法人行政書士試験研究センターのウェブサイトにアクセスしたが、インターネット申込みはどこからできるのか、トップページを見ただけでは全然わからない。「試験案内」の中にリンクがあって、それほど目立たないとはいえ見つけるのに苦労はしなかったが、一見さん相手には不親切な作りだと思う。トップページに余計なFlashを置くくらいなら、アクセシビリティ向上に気をつかっていただきたいものだ。

特筆すべき点として、インターネット申込み時は自前で用意した顔写真データを登録する手順になっている。一般的な携帯電話の待ち受け画面のサイズ(QVGA [幅]240 × [高さ]320 ピクセル)推奨ということなので、携帯電話で撮影すればよいのだろう。AIBTNは証明写真をスキャナで取り込んで添付した。JPEG形式ファイルと256色BMP形式ファイルのどちらでも可とされていたので、最初はJPEG形式ファイルを添付したが、なぜかはねられたので、今度はBMP形式ファイルを登録したところ、正常に登録完了した。でも後から考えてみたら、256色BMP形式ではなく24bit BMP形式だったのだけど、本当に大丈夫なのだろうか。

ちなみに、「なお、眼鏡をかけて受験する人は、受験のとき使用するものと同じ眼鏡をかけた写真を用意してください」という注意書きもあった。眼鏡買い換えたらどうしろっちゅーねん。

受検手数料7,000円+事務手数料270円の払込みは、「GMOペイメントゲートウェイ株式会社」提供のシステムによるクレジット決済となる。利用できるクレジットカードは、VISA, Master, UCである。AIBTNは、みずほUCセレクトカード[Master]で支払いを済ませた。(資格オタなだけでなくクレオタでもあるので、このあたりも気になってしまう)

行政書士試験は初トライなので気楽に受けるつもりだけど、一応それなりに勉強して臨みたい。今年は、LECの「2010年版出る順行政書士シリーズ」の6冊で試験対策をしようと思う。

7月「初歩の初歩」 ⇒済
8月「合格基本書」 ⇒着手

こんな感じ。この程度じゃ全然足りないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

放送大学単位認定試験、半分始まった

単位認定試験、半分終わって、半分始まった。

今回受けたのは13科目。うち「現代行政分析('08)」は前学期に通信指導未提出で落とした科目の再試験だ。

2010/7/25(日)
・1時限目: 現代行政分析('08)
・6時限目: 日本の技術革新('08)
・7時限目: 問題発見と解決の技法('08)
・8時限目: 社会と銀行('10)
 
2010/7/31(土)
・2時限目: 心理学研究法('08)
・5時限目: 比較政治─中南米('08)
・6時限目: 在宅看護論('04)
・7時限目: 社会の中の科学('08)
 
2010/8/1(日)
・1時限目: 日本語基礎B('07)
・2時限目: 組織運営と内部監査('09)
・3時限目: 日本語基礎A('06)
・4時限目: 運動と健康('09)
・6時限目: 日本経済史('08)

試験の内容が易しかったのは「社会と銀行('10)」「日本語基礎B('07)」「日本語基礎A('06)」の3科目だけで、あとは微妙な結果に終わった。まあ確率的に半分くらいは受かっているのではなかろうか。「人事は尽くさずに天命を待つ」「棚ぼたは寝て待て」というわけで、反省や振りかえりはせずにすべて忘れ去るつもりだ。

ちなみに今学期、通信指導未提出で落としたのは「ジェンダーの社会学('08)」「数学基礎論('08)」「西洋政治理論の伝統('09)」の3科目。前学期・今学期ともに通信指導未提出で再試験の権利を失ったのは、「ドイツ語入門('06)」「身近な統計('07)」の2科目。いずれも通信指導が論述式のもの、あるいはある程度時間をかけないと回答できないもので、つい後回しにした結果、間に合わなくなってしまった。外国語科目は既に必須単位数を取得済みなのでまだいいが、数学系は卒業までに幾つか取っておきたいと思う。

今回良かったことで次学期は明確な方針としたいのは、「朝一から試験予定を入れる(ただし土曜日は前泊できないので2時限目がいい)」「合間に勉強する時間を設ける(土曜日は特に)」「最終日は早く帰れるようにする」の3点だ。

さて、次学期の受講科目でも選ぼうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »