« 放送大学科目登録申請(2010年度2学期) | トップページ | 正誤表は意外と大切だった »

2010年8月22日 (日)

卒業研究は無理!? よろしい、ならば大学院だ

放送大学の学習センターに行って、「平成23年度卒業研究履修の手引」をゲットしてきた。
 
窓口で「卒業研究の資料をいただきたいんですが・・・」と尋ねたところ、「今年はもう締め切りましたのであくまで参考用ということになりますが、よろしいですか?」と返されたので、内心動揺しつつも「あ、はい」と答えて冊子を受け取ってきた。今年の申請期間は7/30~8/13で、申請のチャンスは年1回ときた。
 
なーんだ、と思いつつパラパラめくってみると、卒業研究の履修前年度の第1学期開始時に、2年以上在籍かつ62単位以上修得の条件を満たしている必要があるようだ。それなら、今年の第1学期開始時には47単位しか取れておらず、しかも来年の卒業をめざしているわけだから、はなから「卒業研究」履修は無理だったというわけだ。
 
ちぇっ、つまんないの。来年度は受講科目数をできるだけ減らして「卒業研究」に時間を割き、年度末での卒業をめざそうと皮算用していたが、「卒業研究」がないなら別に1学期で卒業してしまうこともできそうだ。
 
放送大学を卒業した後はどうしようか。ブログを始めた今年1月時点では、「別にどうしても卒業したいわけじゃないしー、でもせっかくこれまで時間と金をつぎこんできたんだからどうせなら卒業できればいいかなー」程度のことしか考えていなかったが、「生涯学習の部屋」をはじめとする他の方々のブログを見ているうちに、大学院に行ってみたいという気持ちが強くなってきた。
 
とはいえ、大学院でいったい何を研究したいのかと問われても、今の自分には何も答えられない。大学なら受動的に知識を取り入れて単位修得していれば学士号はもらえてしまう。大学院ではそんな甘い考えは通用しないだろう。
 
再来年から大学院に進学するなら、通信制にしろ夜間制にしろ、今の時期から目星を付けておく必要がある。
 
大学院で何をしたいのか? どの学問分野がよいか? どこの大学院にするか? 入試対策は? 学費の工面は? 仕事との両立は? 2年やそこらでの修了が自分に可能なのか? 進学・修了のメリット・デメリットは? そもそも進学の動機は「現実逃避」ではないのか?
 
いろいろと考えなければいけないことは多い。

|

« 放送大学科目登録申請(2010年度2学期) | トップページ | 正誤表は意外と大切だった »

放送大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒業研究は無理!? よろしい、ならば大学院だ:

« 放送大学科目登録申請(2010年度2学期) | トップページ | 正誤表は意外と大切だった »